米国の賃金上昇率の分析方法。ドル円の方向性に重要

ドル円の方向性に最も影響を与えるのは米国の中央銀行であるFEDの政策です。 そのFEDが最も注視しているのは、米国の賃金の動向です。 賃金のインフレがどのようなトレンドを持つかで、インフレ率全体が決定し、それが金融政策を左右することになるのです。 ただし、賃金のインフレ率といってもさまざまな指標があります。 ここで最も注目すべきは、極端な変動がなく、トレンドを最もよく示す「変動の大き…

続きを読む

日本の若者がリスクを取らなくなる傾向がFX市場に与える長期的影響

為替市場は一国のリスク選好に強い影響を受ける。 そして、日本の若者はリスクを取らなくなったといわれて久しい。 今回は、日本の若者がリスクを恐れるようになった影響が為替市場に今後与える長期的な影響について考えてみたい。 日本足元動き消費総合指数(内閣府)でみて、2015 年 2 月 105.5(2005 年=100)と安倍内閣発足(2012 年 12 月)以来、2014 年 4 月(…

続きを読む

豪州のインフレ率の分析法とオーストラリアドルのFX取引への考え方。

オーストラリアの金融政策がFX取引において豪ドルの方向性を決める。 そして、オージーの金融政策をつかさどるRBAが最も重視するのは、基調的なインフレ率だ。 それには物価統計を見るのが一番だ。 特に基調的なインフレ率を示すトリムCPIは注目度が高い。 今回は、オーストラリアの物価統計を見ながら、トリムCPIの動き方を学んでみたい。 オーストラリアの 1-3 月期の物価統計は全体的…

続きを読む